子犬のしつけは、いつから始めたらいいか?

このページでは、子犬のしつけの開始時期について説明しています。

犬しつけDVD特集はこちら

犬と一緒に暮らしていくためには、しつけは欠かせませんが、子犬のしつけはいつから始めたら良いのでしょうか。

愛犬とストレスの無い生活をするために、子犬の躾けに必要な情報を紹介します。

しつけの開始時期について、子犬のしつけは家に来てから、すぐに始めるようにして下さい。

小さな時から始めることで、短期間に効率よくしつけていくことが可能です。

大きくなってからだと時間も掛かりますし、しつけがされていないまま成長すると、わがままな犬になってしまいます。

まだ小さいから、しつけは早いだろうとは思わずに、早め早めにしつけをするようにして下さいね。

犬は、人間よりも速いペースで成長していきます。半年くらい経つと、人間では5年前後経つような感覚です。

ですから、一日一日を無駄にせず、早くからしつけることが大切です。

子犬が生まれたときから名前を呼んで、飼い主との主従関係を作り、少しずつでも躾けていかなくてはなりません。

犬に自分の名前を認識させて、誰が飼い主かを理解してもらうのです。

愛犬の名前を呼んで、自分の所に来たなら褒めてあげて下さい。

ご飯を食べるときに待てと言って、待機させることやお手も立派なしつけです。

子犬のしつけは、早い時期から始めるのがベストですが、焦って詰め込みすぎないようにするのが、子犬しつけのコツです。

犬は成長が早いですから、時間を無駄にせずに段階的にしつけていくといいでしょう。

以上、子犬しつけは、いつから始めたほうがいいかというテーマで書いてみました。子犬を飼っている人、これから子犬を飼い始めるという人は参考にしてみてくださいね。