犬の留守番ストレス解消法

このページでは、犬の留守番ストレス解消法について説明しています。

犬は人に懐く動物です。飼い主と一緒にいると安心しますし、逆に一匹では不安を感じたりするものです。

犬に留守番をさせるとストレスが溜まってしまうのです。

ストレスを感じると、犬は家具や家電を噛んだりすることがあります。

家を留守にして帰ってくると、部屋が愛犬に荒らされていることがあると思います。

どのような方法で、犬の留守番時のストレスが解消できるでしょうか。

犬を留守番させるときのストレス解消法は、狭いところに入れて上げることです。

人間の感覚で考えると狭いところに押し込めるのは、かわいそうとか息が詰まりそうと思うものですが、犬の場合はストレス解消となります。

なぜなら、狭い場所にいた方が犬の警戒心が和らぐからです。

テリトリー意識の高い犬は、自分のテリトリーが敵によって侵されていないか常に気を張っています。

自分の縄張りに異常が無いか、常に監視しているのです。

つまり、犬は広い場所ほど監視する場所が広くなり、いつも気を張っていてストレスが溜まりやすくなります。

反対にケージやサークル、犬小屋などに入れてあげると、狭いエリアがテリトリーとなるので、ストレスが溜まりにくくなります。

犬の行動範囲をある程度、狭くしてあげることが、犬の留守番ストレス解消法です。

また、お気に入りの犬用おもちゃを一緒にして置いてあげるのも、愛犬のストレスを発散させるのに役立ちますよ。

犬用おもちゃに夢中になって、留守番中のストレスを忘れさせることができます。

犬の留守番ストレス解消法は、狭い場所に犬を入れることと、大好きなおもちゃを与えることで解決できます。

以上、犬の留守番ストレス解消方法について解説しました。家を留守にすることが多い飼い主さんは試してみてくださいね。