犬しつけで叩くのはNG?

このページでは、犬のしつけで叩くのはNGかどうかをテーマにしています。

犬のしつけをしていると、躾けが上手くいかない時、愛犬が言うことを聞かない時、悪いことをする時など、飼い主としては叩きたくなることもあります。

それでは、犬をしつけるときに、叩きながら教えるのはNGなのでしょうか。

結論から言うと、犬をしつけるときに叩く必要はありません。

犬のしつけに愛情は必要ですが、飼い主の怒りの気持ちは必要ないのです。

愛情と同時に必要になるのが、犬に関する知識です。

犬の本能や性質に関する知識があると、叩かなくても犬をきちんとしつけていくことが可能になります。

飼い主の感情は、犬にも反映されます。

飼い主がイライラした気持ちで、しつけをしている時は、犬にもそれが伝わり、吠えやすくなってしまうのです。

上手に犬を躾けるためには、飼い主の忍耐も必要です。

逆に落ち着いた気持ちでしつけているなら、犬の感情も落ち着きます。

犬にも感情があり、人の感情を読み取る能力があるのです。

しつけのときに、犬を叩いてしまうと、犬は飼い主を信頼しなくなります。

いつ叩かれるかばかりを気にして、ビクビクしながら生活する犬になってしまうのです。

叩くタイミングが少しでもずれてしまうと、犬はどうして叩かれたのか分からなくなってしまいます。

これでは、犬と飼い主の信頼関係は出来上がりませんし、犬のしつけも上手くいきません。

怯えながら生活する犬は、無駄吠えをしやすくなり、噛み癖も付きやすい傾向があります。

繰り返しますが、犬のしつけで叩くのはNGです。愛犬と主従関係をつくり、信頼関係を構築して行くには、叩きながらしつける必要はないのです。

また、叩くのと叱るのは、似ているので注意してください。

叱るという行為のなかに、体罰も含まれていますが、叩かなくても叱ることはできます。混同しないようにしましょう。

犬のしつけが上手くいかなくても、忍耐をもって根気よく繰り返すことが肝要です。急がずにある程度の期間をかけるつもりで、犬のしつけを実践していきましょう。

以上、犬のしつけで叩くのはNGかというテーマで書いてみました。愛情を持って、飼い犬に接してあげてくださいね。