犬がトイレ覚えない時の対処法

このページでは、犬がトイレ覚えない時の対処法について説明しています。

犬しつけDVD特集はこちら

トイレしつけを何回もしているのに、なかなか犬がトイレを覚えないときがあります。

飼い主としては、イライラしてしまいがちですが、どうすれば上手に対処できるでしょうか。

まず、覚えておきたいのは、犬がトイレを失敗しても厳しく叱らないことです。

犬が違う場所でトイレを始めたら、途中でも良いので、何度でもペット用トイレシーツやトイレトレーの所に移動させて上げましょう。

トイレシーツはペットシーツとも呼ばれるものです。トイレ用具は、きちんとした犬用トイレのものを用意してあげましょう。

トイレシーツ等で排泄がちゃんとできたときに、愛犬を褒めてあげてください。

違う場所で排泄したときに怒ると、トイレをする事自体が悪いことと、犬が認識して覚えてしまう可能性があるのでNGです。

褒めてあげるなら、トイレが悪いことではないと、犬も理解できます。

正しい場所でトイレをし終わった後に褒めてあげると、どこでトイレをしたら飼い主に喜んで貰えるのかを覚えさせられます。

犬のトイレの時間には、決まったパターンがありますから、トイレの時間が近くなったら、トイレシーツの場所へ誘導するのも良い対処法です。

愛犬のお気に入りの場所があれば、そこにトイレシーツを設置しておき、徐々に本来のトイレエリアにシーツを移動していく方法もあります。

犬がトイレを覚えない場合には、時間を掛けて教えて上げるようにして下さい。上手に褒めながら教えると、いつの間にか犬も覚えてるものです。

以上、犬がトイレ覚えない時の対処法について解説しました。愛犬のトイレしつけやトレーニングで困ったときは、参考にしてみてくださいね。