犬がトイレで寝るのを直す方法

このページでは、犬がトイレで寝るのを直す方法について説明しています。

犬しつけDVD特集はこちら

飼い主を悩ませる愛犬の癖に、トイレで寝てしまうというものがあります。

どのようにしたら、犬がトイレで寝るのを治せるのか、方法を考えてみましょう。

犬がトイレで寝ないようにするには、自分のベッドがトイレよりも、寝心地が良いと感じてもらうことが重要です。

犬がトイレで寝るのは、そこが寝心地が良いと感じているからです。

ペットシーツが敷いてあったり、犬用トイレのトレーが犬にとっては居心地がいいようです。

フチや囲いがある犬用トイレなどは、犬にとってお気に入り寝床になりやすいです。

また、底面がメッシュや網状になっているのも通気性が良いので、犬にとっては寝心地がよいと感じやすいようです。

犬がトイレで寝てしまう原因が分かったのなら、対策としてトイレよりも、もっと寝心地が良いベッドを準備して上げればいいです。

暑い時期には、ベッドの下に人用の冷感マットを、敷いてあげるのも有効です。

なるべく騒音が少ない場所に、ベッドを準備して上げることも大切です。

それでも、トイレで寝てしまうときには、トイレでは安心して寝れないことを犬に体験させて下さい。

具体的には、犬用トイレ付近でうるさい音を立てたり、犬が嫌がることをしたりして、ベッドの方が気持ちよく寝られることを反復学習させます。

犬は四方が囲まれている場所だと、安心する傾向があります。

狭くて周りが囲まれている場所は、犬が警戒心を解き安心できる場所なのです。

犬小屋がそれにあたります。

室内犬だと、犬小屋を用意しないのが普通ですので、犬がトイレで寝てしまうという悩みが生まれやすいようです。

室内でも犬小屋を用意したり、犬用ベッドの周りをトレーなどで囲いを作ってあげると、落ち着いて寝られる場所と認識する可能性が高くなります。

まとめると、犬がトイレで寝るのを直す方法は、トイレよりもベッドの方が寝心地が良いことを学習させることです。

以上、犬がトイレで寝てしまうのを直す方法について解説しました。愛犬がトレイで寝てしまうと悩んでいる人は、ここで取り上げた改善方法を試してみて下さいね。