犬の無駄吠え対策

このページでは、犬の無駄吠え対策について説明しています。

犬の無駄吠えをやめさせようと思っても、なかなか上手くいかなくて困っている飼い主さんが多いようです。

ひたすら大声で吠え続けたり、近隣の犬や人に吠え続けたりする無駄吠えは、近所迷惑になりますので、早めに直しておく必要があります。

できるだけ、犬の無駄吠えを減らせるようにしたいですが、どのように対策をしたら良いでしょうか。

ここでは、犬の無駄吠え対策について、チェックしてみましょう。

犬の無駄吠え対策としては、犬が吠えても構わないで無視するとか、お座りなどの命令(コマンド)をするのが効果的です。

自分が褒められたいから吠える犬や、かまって欲しいので無駄吠えする場合があります。

これは、人間の承認欲求に近いものがあります。

そんな時には、犬が吠えても構わないで無視しておくと、無駄吠えをしても効果が無いと学習し吠えなくなります。

それでも、犬の無駄吠えが直らないときは、無駄吠えをしているときに、お座りなどの命令をして、他の作業に集中させると静かになります。

そのためには、お座りや伏せなどの命令を予め、しつけておく必要があります。

無駄吠えをしたときに、犬が嫌がることをするのも効果的です。

犬を叩くなどの体罰はNGですが、何かのペナルティを与えるとか、犬が嫌いな音を聞かせるなどを続けてみましょう。

無駄吠えをすると、自分にとって嫌なことが起こるというのを何回か体験した後では、もう吠えなくなります。

犬の無駄吠えのしつけには、だいたい2週間くらいの時間がかかると覚えておいて下さい。

ある程度の期間が必要なので、根気よく躾けをしましょう。

犬の無駄吠えを直す方法をまとめると、犬の無駄吠え対策には無視をするとか、命令を出すことが有効です。

また、無駄吠えをしたら、犬が嫌がることをするのも効果的です。

以上、犬の無駄吠え対策について解説しました。愛犬が無駄吠えをして困っているという飼い主さんは、無駄吠えの躾けの参考にしてみてくださいね。